薄毛をうまくカバーする洗髪方法

30代に入ってから頭頂部や額の薄毛が気になり始め、育毛法はあれこれ調べて行っているのですが、少々の薄毛ならシャンプーとコンディショナーで髪にうまくボリュームをつけてカバーできるようになりました。

シャンプーとコンディショナーの順序を変えることで、髪は若いころのようなボリュームを取り戻します。

まず、風呂に入る30分前にコンディショナーを髪全体に塗り、放置します。

この時頭にホットタオル等を巻くのも良いです。

その後風呂に入り、普通にシャンプーで洗い流します。

こうすることで、コンディショナーの成分は充分髪に浸透したうえ、シャンプーのゴワゴワ感とうまく相殺して、髪にしっかりとしたボリュームが残るのです。

以前は会社でも時間がたつにつれへたってペタンコになる髪が嫌でしたが、この洗髪方法を行うようになってから会社終業、その後の飲み会でも髪のボリュームを維持することができ、髪の問題で気が滅入ることも無くなりました。

M字ハゲ育毛剤コムはこちら